産婦人科・クリニック 委託給食・食事サービス|シェフ・カンパニー

Menu

ブログ

特別養護老人ホーム オーク様で夏祭り開催!!

本日、委託先のお客様であります「特別養護老人ホーム オーク」で毎年恒例の夏祭りのイベントが開催されました。

午前中は晴れておりましたが、午後3時のスタートと同時にあいにくの雷と雨になりまして……….

しかしそれも吹き飛ばすような盛り上がりで多くの方に喜んでいただきました。

来年は晴れますように!

IMG_3631 IMG_3632

もうすぐ特別養護老人ホームオーク様の夏祭り☺

今週の土曜日は、シェフカンパニーが食事サービスを提供しております、岐阜県各務原市の特別養護老人ホームオーク様の夏祭りです。

8月23日15:00~ 誰でも参加OKです。

いろんな料理や催し物が行われています。ただいま、スタッフ一同準備奮闘中です^^;

土用の丑

毎日暑い日が続きますね。

今週は土用の丑です。

シェフカンパニーでも、土用の丑にちなんで介護施設のイベントでうなぎをお出ししています。

うなぎは大人気で、みなさんに大変喜んでいただいています。

パワー全開で暑い夏を乗り切りましょう。

私も先日うなぎをいただきました。ちなみにこれは天然ウナギです↓

天然ウナギは皮が硬いと言われがちですが、体長1M以下の天然うなぎの皮は厚くないので焼き方によってはパリパリになるみたいですよ。

IMG_0273

施設様での温かい「おでん」の日

おでん

今月の始めに「ほかほかおでんの日」と題して

昼食におでんをつくりました。

味は二種類で だしが一番の「関東風おでん」と

この地方では定番のなくてはならない「味噌おでん」です。

どちらも人気がありました。。。

食べ比べができるてイイですよね。。。

因みに、ご存じかもしれませんが、毎年2月22日は

おでんの日だそうですよ。。。

理由は「ふーふーふー」するからそうです。

 

 

 

西能病院さまから講習会の依頼を受けました。

富山市の西能病院さまから弊社の「当社が目指す食事サービス」についての講演依頼や西能病院さまの厨房設計のコンサルティングや調理講習のご依頼をいただき開催してまいりました

西能病院さまの法人本部の方をはじめ現場の管理栄養士さまや調理スタッフの方々と大変貴重で有意義のある情報意見交換をさせて頂きました。

IMG_2981

IMG_2987

IMG_3028

 

 

産婦人科らしい~一品

DSCF0032

上記の写真の一品、何だかわかりますか?

実は「そうめん」なのです。

かためにゆでたそうめんを、だしのゼラチンで固めてあるのです。

そこに常温(少し温かめ)のめんつゆをかけて食べて頂くというものです。

そしてそこで疑問がでます・・・

どうして、ゼラチンで固めるの?

答えは・・・

どうしても食事の時間に授乳のタイミングと重なる時があります

そうすると、麺類だとのびてしまいます、ゼラチンで固めることにより

食感を損なわずにおいしく召し上がって頂くためのアイデアです。

ママは赤ちゃんができると自分のことは後回しになってしまいますもんね。

 

三井住友海上 岐阜支店さま にて・・・

先日、大手保険会社三井住友海上の岐阜支店さまの会議室にて、株式会社アール&スマートさまの開業記念式典の立食パーティーを弊社がケータリングサービスさせていただきました。

終始和やかな雰囲気のなか約2時間のパーティーでしたが、ご来賓の方々をはじめ主催者側の株式会社アール&スマートさまの会長、社長さまも大変に弊社のケータリングサービスを喜んでいただき、あらためてサービス業の楽しさをライブで感じさせてもらいました。今後もご依頼の内容やご予算に応じたケータリングメニューの充実化や付加価値サービスのクオリティーの向上に努め、さらなるサービス展開に邁進していきたいと思っております。

 

IMG_2889IMG_2887

初ブログです、「ごちそうさま」

「ごちそうさま」という言葉があります。普段なにげなく使っている言葉ですが、とても素敵な言葉だと思います。「ちそう(馳走)」とは「走り回る」という意味だそうです。自分の命を永られる為に今いただいた食事は自分には目にみえないところで多くの人たちが文字通り「走り回って」いただいたお陰でいただける、ということに感謝する言葉だそうです。弊社のスタッフも私の知らないところで、お客様のために日々地道な努力をしてくれてるからこそ、感動や感謝を継続できているのだと思います。今回のホームページの作成にご協力いただいた、web sodaさん、アズウェル株式会社さんもそれぞれの役割を一生懸命全うしその方々の有機的なつながりのもとに出来上がったものであると思っております。慌ただしい日々の暮らしの中で、あるいは「競争社会」の厳しい現実のなかで忘れがちな「多くのつながりの中で生かされている」ことを忘れずに今後もサービスの提供を継続していきたいと考えています。